| ホーム > 作品一覧 > 著者:小峰こん > 文筆家は淫靡な愛を貪る |

『文筆家は淫靡な愛を貪る』(小峰こん

独占欲の強い小説家と純真無垢でドMな青年の愛欲物語。

「琴牛」(キンシュウ)という名で活躍する小説家「堤 大雅」(ツツミ タイガ)は、 下働きである「島田 清」(シマダ キヨシ)を昼間から犯し続けていた。
徹夜明け、かつ脱稿明けの堤の性欲は止まることを知らず、清の体を貪り、来客が来ても清を手放さない程であった。
そんな中、詩人である「中澤 一矢」(ナカザワ カズヤ)が、詩集発売の祝賀会の招待状をたずさえ訪れる。
琴牛は清を伴って、しぶしぶ祝賀会に参加することになるが…!? 小峰こんが描く待望の文筆家シリーズ続編!

『文筆家は淫靡な愛を貪る』の配信サイト
配信サイトは随時増えていく予定なので、今後も要チェック!!