| ホーム > 作品一覧 > 著者:甘夏真琴 > 愛しのヤンキーちゃん-決着はベッドのうえで- |

『愛しのヤンキーちゃん-決着はベッドのうえで-』(甘夏真琴

「なんで俺がお前のオンナなんだっ」「カワイイからに決まってんだろっ」ヤンキー集団の勢力争い。微笑みかけたのは腐の女神だった――。

学園で勢力をあげるヤンキー集団「AKG(鮎川軍団)」トップの「鮎川 紺」(アユカワ コン)は、ライバルヤンキー集団「チームS」トップの「椎名 夏樹」(シイナ ナツキ)と、学園の真の王者を決めるべく日々タイマン勝負に明け暮れていた。
早食い、ボーリング、ボードゲーム……数々の命を賭けた勝負を重ねるも、勝敗は互角の平行線を辿っていた。
このままでは埒が明かないと今回の勝負で決着をつけることに。
互いに挑発しあうなか、突然「今回の勝負で俺が勝ったら、俺のオンナになれ」と提案する椎名。
しぶしぶ承諾する鮎川だったが、今回の対戦種目は相手を早くイカせたほうが勝ちの「早ヌキ一本勝負」!? 今日のお昼ごはんが気になり始めたギャラリーが踵を返すなか、ふたりっきりの保健室で最終決戦のゴングが鳴り響く――!

この作品に対するレビュー
ヤンキーものですが、なかなか鮎川くんが可愛いくて続きがぜひ読みたいです!鮎川くんも椎名くんも、可愛いので、ぜひ続きを(≧∇≦*)
(投稿者:葵)
まさかの猫耳からはじまるとは……早ヌキ一本勝負とは何とも萌える勝負でした。
(投稿者:柳)
『愛しのヤンキーちゃん-決着はベッドのうえで-』の配信サイト
配信サイトは随時増えていく予定なので、今後も要チェック!!