| ホーム > 作品一覧 > 著者:大木 > 欲望は雨音にまぎれて~不良更生カリキュラム~(2) |

『欲望は雨音にまぎれて~不良更生カリキュラム~(2)』(大木

「雨の日だけここに来て抱かせろ」不良学生と交わした約束。更生は近いはずだったが……?

「最初の頃が嘘みてぇにうまくなってんな」「ん…」 彼とここで会うようになって1ヶ月が過ぎた。
『雨の日だけここに来て抱かせろ』 ここ最近の天気は、この関係を知っているかのように雨が多い。
冴えない教師の「瀬戸 歩」(セト アユム)は、学内一の問題児「多比良 隼」(タイラ ハヤト)を更生させるため、雨の日だけ呼び寄せる多比良に身体を許していた。
瀬戸が風邪でダウンしているあいだに迎えた土曜日。
ようやく身体を起こした瀬戸が自室のカーテンを開けると、外は雨が降っていた。
(まさか休みの日まで“約束”は有効じゃないよね……) そう思いつつも意識は多比良へと向いてしまう。
ほんのわずかながら心を通わせたはずだった。
あの事件が起きるまでは──。

『欲望は雨音にまぎれて~不良更生カリキュラム~(2)』の配信サイト
配信サイトは随時増えていく予定なので、今後も要チェック!!